気付かなかった私の意外な口臭の原因

 ある日から、自分の口臭が気になるようになった。https://tips.jp/u/sayurin/a/bresmile-wash-love

特に家族や友人に指摘されて気付いたのではなく、ふとした時にふわっとその匂いは漂ってきて自分で気付いたのだ。

 口臭の原因はお酒やたばこ、コーヒーなどとよく聞くが、口に残った食べ物のカスがメインを飾るのではないかと思い、入念に歯磨きを行うこと数カ月。
私の場合は特に食べカスが残りやすい歯間と鼻に近い上下前歯の裏を重点的に磨いた。歯磨き時間も長くテレビを見ながら5分程度。

 しかし、ふとした瞬間に嫌な臭いが自分の鼻をかすめる・・・。
「自分で臭うんだからきっと、人にはもっと臭ってる・・・。」いつからか、正面から人と向き合って話すことを苦手とするようになった。

 そんなある日、喉の奥に違和感が・・・。
喉の異物を押し出そうと喉の筋肉を動かしてみた。

すると、ごろっとした物が口の中に出てきた。
「あっ・・・また出た・・・。」

誰にもばれない様に、そっとティッシュにその異物を取り出してみると、そこにはあの匂い玉が!
「もしや、私の口臭の原因はこれか!?」

 今、思い返せば、私はよく匂い玉が出ていたのだ。しかも、直径

5mm程ある超大物まで。
私は幼いころから、検診で扁桃腺が非常に大きいと言われ続けていた。
元々健康で、風邪などあまり引かない子供だったため、大人になっても大きな扁桃腺はそのままであった。
しかし、30歳を超えたあたりから、風邪を引くと喉が痛くて唾も飲み込みずらくなることが増えた。
そして、ある日から風邪を引けば喉の猛烈な痛みと高熱を2カ月に1度ほどのペースで繰り返すようになってしまったのだ。

高熱が出るたびに仕事を休んでいては困る。堪らず私は近所の耳鼻咽喉科に相談に行った。
お医者さんの見解は、咽頭炎。扁桃腺が炎症を繰り返して、扁桃腺も肥大してしまっているという。
手術を勧められました。
 
 扁桃腺切除後の私は、風邪を引いても今までの10分の1以下程度の喉の痛み。そして、発熱は一切ありません。
なによりも、あれだけ量産されていた匂い玉が手術後3年経過しますが、一度も出たことがないのです。そして、あれほど悩んでいた口臭も著しく消臭されました。
 生成された匂い玉が恐らく大きな扁桃腺に引っかかって飲み込めず扁桃腺に付着し続けていたのが口臭の原因だったのでは?と思いました。

口の中のチェックと内臓強化

口の中の臭いのチェックを私は毎日行っています。唾液でチェックできるからです。

効果あり?ちゅらトゥースを購入した私の口コミ&評価!

まず、舌の上や歯と歯ぐきの溝部分などをぐにっと指に強くつけます。それを嗅ぐんです。この唾液が臭かったら確実に口臭も臭いことになりますのでわかりやすいんです。市販の口臭チェッカーもあります。

客観的に数値が出るのが助かっています。営業職なので人とよく話をしなければならないので口の中の匂いは常にチェックしているんです。口の中の匂いですが、内臓など体に原因がある時があるんです。消化不良もそうですし肝機能低下なんかも恐いです。

なんかも可能性として考えられるので実は結構恐いのが口の臭いなんです。特に肝機能低下は毒素が分解されないためにアンモニア臭がしてくるので、間違いなく臭くなってしまうんです。ですから口の中の匂いを良くしようとすることで内臓強化を行うのも目標にしています。

匂いチェックをして最近口の中の匂いがなかなか改善されないなと感じてきた時には体調が悪くなっているのかもしれないと判断してよく休んだりとか滋養によいものを食べるようにしていたりしています。但し、にんにくなどは滋養によいですがダイレクトに臭いですから避けています。

子供の口臭の原因について

小学生の子供がいます。今まであまり気にもならなかったのですが、マスク生活が始まりましてから、家ではマスクは取っているのですが、口臭がするようになってきました。

評判以上!キラハクレンズを使って口臭ケアとホワイトニングした私の口コミ!

歯ブラシで普段は磨いていましので、あまり気にもしていなかったのですが、歯医者への定期検診で歯についている黒ずみについて指摘されました。マスクで気づかなかったと本人は言っていたのですが(親もあまり気づかず)歯に黒い汚れのような線が数カ所入っていました。先生によると、口臭と歯の黒ずみは歯磨き不足と、口を少し開けている事による乾燥ではないかと言われました。黒ずみは、学校で水分補給する際に自宅から持って行っているお茶による汚れでした。

口臭は、マスク生活で息ぐるしくなり自然とマスク内で口が少し開いた状態になっていたようです。これが原因で、唾が出にくくなり、喉が乾いた感じになるので頻繁にお茶を飲んでしまいます。この繰り返しが原因だったようです。

以後、口を閉じて唾液の分泌をよくする、歯磨きは歯ブラシでは磨き切れないので電動も両用する、ベロ用の舌磨きの歯ブラシを利用する、定期的に歯医者で掃除してもらう。このことを行いますと、途端に口臭及び黒ずみがなくなりました。唾液の分泌も良くなり、口内環境がよくなったみたいです。しっかり原因を探って口臭予防を今後も地道に行っていこうと思いました。

気になる口臭を少しでも緩和するコツ

朝起きたときやにおいの強い食べ物(にんにくなど)を食べたときに、「どうしても自分の口のにおいが気になる」という人も少なくないことでしょう。自分自身の口臭が気になったときに、人目を気にせずにすぐ歯を磨ける状況というのもそう多くはないですよね。

ブレスマイルウォッシュの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

そこで今回は、即効性のある口臭を緩和させる方法をいくつかご紹介していきます。

まず1つ目が「ガムを噛む」ことです。最も即効性があり、効果も長持ちする上に見た目にも自然です。なるべく自分が好きな味で香りの強いものを選ぶようにしましょう。

2つ目は「水をこまめに飲む」ことです。口の中が渇いた状況が長く続けば続くほど、口臭も発生しやすくなりますし、水分が口臭を洗い流してくれるので水分はこまめにとるようにしましょう。

3つ目は「適度に深呼吸をする」ことです。ガムを噛める状況でもないし、水を飲める余裕もないというときには、せめて口の中を換気することを心がけましょう。私自身も経験のあることなのですが、口を開かずに8時間作業に没頭したあとしゃべると凄まじいにおいになっています。(笑)1時間に1回は深呼吸をして、口の換気に努めましょう。

いかがでしたでしょうか。口のにおいが気になったときはこれらの方法を状況に合わせて試してみて下さいね。