太くてまとまらない髪に困っています。

私の髪の毛は幼い頃から1本1本がとても太く尚且つ癖のある毛だった為なかなかまとまりませんでした。学生時代は美容に疎く、幼い頃はそれが一種のアイデンティティだったのですが、大人になるにつれて洋服もおしゃれなものを着たいと思うようになり、それに合わせて段々髪の毛も気にするようになっていきました。

ヘアージュ

高校生になってからはストレートアイロンで毎朝髪を真っすぐにする日々が始まり、休日友達と遊びに行くときに髪を巻きたいこともあったのですが、時間がとてもかかってしまうので大変でした。いつも行っている美容院で縮毛矯正を勧められましたが、お金がとてもかかると思っていたので断っていました。

高校生の頃はアイロンを毎日かけながら風呂やそれ以外でのケアを全くしていなかった為、その時に必要以上に髪の毛を傷めてしまったと思っています。今では自分で選んだシャンプーや、オイル等でケアしていますがやはり傷んだ髪の毛というのはなかなか修復せず、未だに朝からストレートアイロンを一生懸命かける日々はあまり変わっていません。ただし縮毛矯正をあてたことで問題の半分は改善しました。縮毛矯正をかけるのが美容院によっては安くでできることを知り、大学生になってかけた所、今ではかなり自分の好きなヘアスタイルを楽しむことができています。

髪の乾燥の原因と予防法

私は現役で美容師を15年しております。

ヘアージュの効果を徹底検証!私の口コミ&評価が衝撃的?

今まで数多くのお客様に携わってきますたが、そのなかで、お客様から相談される悩みとして一番多めのが、髪のパサつきです。

髪のパサつきの原因にはいろいろなものがあります。

ダメージからくるもの、乾燥からくるもの、年齢からくるもの。

それぞれに付いて解説していきますと、まずダメージからくるパサつきについて。これは経験されたことのある方も多以下と思いますが、カラーやパーマによって髪のキューティクルがはがれパサつく状態です。予防方としては、カラーやパーマなど、髪にダメージを与えることを控えるとゆう方法しかありません。

次に乾燥からくるパサつきです。これは、髪の水分量が少なくなってしまうことによって起こります。例を上げるなら、手が乾燥するのと同じで、手が乾燥するとカサカサになりますよね。それと同じ現象と思っていただけたらイメージしやすいかと思います。予防法としては、保湿力の高いトリートメントやオイルを使うのが一番効果的かと思います。

そして最後に、年齢からくるパサつきです。年齢を重ねるにつれて髪のハリコシが失われ、それと同時に水分量も現象していきます。これまた年齢を重ねたお肌と同じイメージで考えたてもらえたら分かりやすいかと思います。これが、年配の方にロングヘアの人があまりいない理由です。なかなか若いときのようにキレイに伸ばせないとゆう現実があるからです。これに関しましては予防法はありません。できることとすれば、食生活など生活習慣に気をつけて健康維持をすることではないでしょうか。

髪も体の一部とゆうお話でした。