断食より取り入れやすいオートファジー

今回紹介するダイエットは、オートファジーです。

オートファジーとは、空腹時間を長くすることで

細胞内で古くなったタンパク質などをエネルギー源にし、新しいタンパク質を作り出すサイクルのことです。簡単にいうと、おなかがすいたときに自分の細胞からエネルギーを作ることです。

グラマラスパッツの効果や口コミなど完全レポート!届いた様子や着方などを写真付きレビュー!

空腹時間を長くするために、1日2食にするか、1日の間で16時間あいだをあけることが必要です。私の場合、夜寝ている時間を利用し、朝ごはんを抜き、早めにおひるごはんを食べるようにしています。子供の頃から朝ごはんは徹底したため、社会人になってからも朝ごはんは徹底して食べていました。

特に具合が悪くなってしまうことを懸念していました。実際朝ごはんを抜いてオートファジーを初めてみると、空腹になれるために気を紛らわせたり、他のことを考えるようになりました。おなかもなってしまうのですが、それも慣れてきました。朝一番にジムに行く際に、一番気が紛れているようなきもします。体重は少しずつ減っています。劇的な変化にはならないかもしれません。気長に普段の仕事や生活に合わせて進めていけるダイエット方法です。どうしてもお腹がすいてしまう際はナッツ類を食べています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。