白髪が元気

30歳を過ぎたあたりから増え始めた白髪も、40歳代後半ともなるとチラホラレベルはとうに過ぎてしまいました。もともとくせ毛でうねったりはねたりしやすい髪質で、年齢の割にはボリュームがあるため、シャンプー後にオイルトリートメントをつけてドライヤーをかけ、朝も少量のオイルトリートメントで落ち着かせながらつやを出すようにしています。

困ったくせ毛も、うまく活用すると白髪を目立たなくすることができるのですが、なぜが白髪に限って元気なものが多いのです。http://www.alameda-home-tour.org/
くせの中にまぎれて落ち着いてくれたらいいのに、たった一本であってもアンテナのようにピンと立ち上がって白さをアピールしたがる白髪。

まるでパーマをかけたかのように波打ってウェーブがかかっている白髪。

生え際に広範囲に群れを成して元気に立ち上がる、ハリとコシのある白髪。

内側に巻いても巻いても一番外側に出てくる白髪。

白髪とはいったいどのような仕組みでできた髪なのでしょうか?てっきり若くてきれいな黒髪が、加齢とともに老化して衰えてできたものが白髪なのだと思っていたのですが、黒髪に負けない太さと強さを持っている元気な髪の毛なのです。寝ぐせ直しのヘアミストなどでは言うことを聞かず、重めの整髪料で落ち着かせようとすると、うまくいけばいいのですがかえって余計に元気になってしまうこともしばしば。白髪におとなしくしてもらうにはどうすればいいのでしょうか?

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。