表情筋を鍛えてシワたるみの改善方法

噛む力をつけるのならお米は「玄米」をお勧めします。

ラントゥルースの効果は?購入して3ヶ月使用した口コミ&評価を暴露!

よく「玄米はよく噛まないと消化がうまくできない。」といわれていますが、これは稲穂の殻ごと食べるため、中味になる白米も合わせて食べることから、自然に噛む力もついてきます。

野菜も多く食べる必要がありますが、特に「かぼちゃ」を食べると歯ごたえがあります。

生のままでは、とても食べることは困難ですが、煮物にしても、実の部分はとても柔らかくなりますが、皮の部分は少し固さが残ります。

噛む力を上げるにはもってこいの食材です。

また、肉類は牛や豚や鶏関係なく、「すじ肉」を選ぶと噛む力を得ることができます。

すじ肉は、種類関係なく、細切れやカットしてあるものより安価で、それほど味が変わらないのが特徴です。

ただ、食感はどんなに柔らかく調理してもそれほど柔らかくならずに、すこしすじっぽさが残ります。最初のうちは、なかなか噛み切れないものですが、日に日に噛む力が強くなり、その力が表情筋にも伝わります。

最近、私は近所のスーパーマーケットで「ナタデココ」が入ったヨーグルトドリンクを手に入れました。

ナタデココは90年代に流行したスイーツの一つで、ナタデココはよく噛まないといけないものでした。

久しぶりに5缶を購入して、飲んでみるとナタデココは相変わらず固く、しっかり噛みながら飲んでいました。

他にも「グミキャンディ」も噛む力を上げて、表情筋を鍛えるのにはもってこいです。

表情筋を鍛えるのには、普段から噛む力を上げてそれと同時に表情筋も鍛えることが大切です。

そして「表情を硬くしないで柔和な表情を保つ。」ことです。

先ほど大笑いをすることで、表情筋を鍛えることを話しましたが、ただ大笑いするだけではなく、色々な表情を変えて常に顔面の筋肉を動かすことによって、表情筋にはりを与えることです。

特に冬になると表情がどうもこわばりがちで、なかなか表情が動くことが少なくなっています。

そんな時こそ表情筋が動く環境づくりが必要です。

例えば洗顔時に使う水をぬるま湯に変えるだけでも、表情筋を簡単に動くことができます。

他にも化粧水や顔に塗るクリームを温感タイプに変えても効果があります。

常に表情筋を鍛えていれば、顔の表情もとても可愛らしく見えるのと表情も豊かになるので、表情筋を鍛えることは重要です。

あなたも、表情筋を鍛えて、いつまでも若くあって欲しいです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。