黒くないけど暗い肌。

 鏡の中の自分はいつも暗い顔色をしている。まるで寝不足のようだが、寝不足というわけではない。

シルクリスタの効果を徹底検証!私の口コミやネット上の評判などを完全暴露!

アトピーと乾燥が祟った結果だ。白いヒビのような粉、ぽつぽつとした赤黒い点が私の肌を実際の5倍も暗く見せているのだ。ニキビも湿疹もかさぶたもある。下を向いて作業していると、治りかけの皮膚が乾燥して顔から剥がれ落ち、ぱらぱらと雪のように積もる。そこまでひどいと化粧水を探すのにも一苦労だ。

乾燥肌用でも沁みて真っ赤になったことがある。ある程度炎症が治まってきたからスキンケアをもう少し、と思い始めた矢先の出来事だった。

そのときは、もう思う様こめかみを掻きむしってやろうかとさえ思った。たっぷりとお金をかけて労っている皮膚にまさかそんなことはしないけれど。そう、肌の治療にはお金がかかる。例えば、乳液に至っては皮膚科で処方されたものを使っているのだが、毎日顔面に満遍なく塗っていると一瞬でなくなってしまうので、そのたび皮膚科に行って薬と乳液をもらう。もはや皮膚科のために副業を始めるほどに切羽詰まっている。

昨日、妹が私と腕の色を比べて、「お姉ちゃんは肌が白くていいなあ」と言った。妹の肌はかさぶたの跡一つなくて羨ましい。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。