自転車ダイエット

学生生活が終わり働き始めると、基礎代謝が落ちてきたせいか、今までと同じような生活をしていると体重が増えるようになってきました。

ベルミススリムタイツには副作用がある?使用上の注意点や私の口コミ&評価をご紹介!

食事制限は継続できる自信がなかったため、食生活を変えずに体重を絞ることを考えました。食生活を変えないとなると、運動をすることが必要になります。早朝のランニングは冬の寒い時期に続けることに対して自信がなかったので、選択肢から除外しました。ジムなどに定期的に通うという選択肢も考えましたが、金銭的に余裕があるわけではないため、月額の利用料を払うことにとても抵抗がありました。

そんな中、毎日のルーティンワークの中で運動に変えられるものを考えたときに思いついたのが、通勤の時間でした。通勤は必ず週5日間あるため、サボることができません。

また、日頃から電車の息苦しさを感じていたこともありました。通勤代でやや高額なロードバイクを購入し、毎日通勤することで通勤代の元を取れば、それ以降はお金を稼ぎながら運動もできることになります。こうして、往復20キロの自転車通勤を開始しました。

結果として、学生時代から6kg増えていた体重は学生時代に戻りました。また、自転車のパンク修理など新しい知識も得られたため、自転車ダイエットを通して多くのものを手に入れました。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。